水土里ネット山田堰  
 
 
 
 
 
 
 
 
MENU  
 
トップページ
リンク集
アクセス
お問合せ
 
 
 
 
 
HOME > 概要・沿革 > 概要・沿革
 
 
 
概要・沿革
 

■地区の概要

福岡県の南東に位置し、福岡市の中心部から40㎞の地にあり、山と川と田圃とが有機的に構成されている純農村地帯です。また、史跡や伝統が多く残っており、特に、西暦661年に斉明天皇が百済救援のため、この地に宮居を移され本営となった「朝倉橘広庭宮」があったところなどは有名で、その他にも歴史的遺産の多いところです。
農産物では、米麦を中心に大豆、博多万能ネギ、野菜、柿が生産される、環境に恵まれ緑と夢の多い所です。

 
 
 
 

改良区の概要

 

住 所 福岡県朝倉市山田161 電話・FAX0946-52-0531
設 立 昭和30年8月23日(朝倉村他三ケ村土木組合「大正2年11月設立」を承継)
受益面積 652ha(平成22年度)
理事長 徳永 哲也
組合員数 1,206名(平成22年度)
組 織 総代49名、理事14名、監事3名、職員2名で運営にあたり、年2回の総代会、年6回以上の理事会、年2回の監事会と監査を行っている。
賦課金は10a当たり2,700円で7月と12月の2回に分け徴収している。
水利権 慣行水利権。

 

■アクセスはこちら

 
 
 
この記事に対するレビュー
 
新規コメントを書き込む